Top >  結婚式の演出 >  ゲスト全員に楽しんでもらうエスコートの演出

スポンサードリンク

ゲスト全員に楽しんでもらうエスコートの演出

両親などの親族にエスコートしてもらうと何だか照れくさくて勇気のいることですよね。
親族にエスコートされる場合には、なるべくさりげなく行うといいと思います。
そして、家族と手を取り合い退場する時には、ナレーションでエスコートしてもらっている人の簡単な紹介をすると良いです。
一般的には予めエスコートしてもらう人を指名してお願いしますが、当日まで内緒にして、新郎新婦がいきなりその場で指名するという大胆な演出も可能です。
また、エスコートを会社の上司や恩師にお願いするのも良いと思います。
結婚式では、注目度の高い華やかな花嫁と違い、新郎は地味で特に変化のある演出もないので、何かしらの工夫で新郎を引き立てることも大事です。
また、披露宴でのお色直しで退場するときにもいろいろな演出方法があると思います。
たとえば、退場時にナレーションやテーマソングを流して友人たちに見送られながら退場することができます。
また、エスコートしてもらう相手によっては、その場のムードが悪くなってしまい、気まずい雰囲気にしてしまう恐れもあります。
ですから、エスコートの相手は慎重に選ぶことが大切であることをくれぐれも忘れないように、会場のゲスト全員に楽しんでいただけるエスコートの演出を心がけてください。

スポンサードリンク

 <  前の記事 エスコートしてもらう人を選ぶ  |  トップページ  |  次の記事 プチギフトの人気ランキング  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://whitefang.80code.com/mt/mt-tb.cgi/5223

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「結婚式をおもいっきり演出しよう!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。