Top >  結婚式の演出 >  ゲストの紹介文

スポンサードリンク

ゲストの紹介文

出席してくれたゲストについて、新郎新婦が一人ひとり紹介していくのが当然かもしれません。
ですが、実際に大勢出席してくれたゲスト一人ひとりを紹介していくとなると紹介文を考える時間や紹介する時間が必要となりますし、骨がおれる作業であるといえます。
そこで、ゲストの席次表に出席する方の敬称や肩書きなど、簡単な紹介文を書き加えます。
例えば、上司に関する紹介文の場合、「入社当時から親身になって相談に乗ってくれ、いつもアドバイスをしてくれます。」などの一言を加えると良いと思います。
親戚の叔母だったら、「料理上手で、子供の頃から田舎に行くとき、叔母の手料理が楽しみです。」など、誰が見てもわかりやすい親しみのある一言があるといいと思います。
あるいは、席次表に一言加えてもまだスペースがある場合には、思い出の写真なども載せるとさらに楽しいと思います。
いつもならば「新郎の友人代表」などというフォーマルな敬称を少し変えて、「ふたりの愛のキューピット」などと砕けた言い方で書き加えると、ゲストに新郎新婦の人柄がよく伝わり、より一層楽しい披露宴になるのではないでしょうか。
近頃は、お席札の裏にこのような一言メッセージを書き加えるのが主流のようです。
確かにひとりひとりのゲストのことを思い浮かべながらメッセージを書くのはとても手間がかかりますが、実際に書いてもらったゲストとしたら、読んでたのしいですし、とても嬉しいです。
コンピューターが普及した今では、手書きの手紙を書く機会もなかなかないと思いますので、手作りの結婚式で手書きのメッセージを添えることは、とても楽しい作業でもあり、来てくださった方々にも喜んでいただけると思います。

スポンサードリンク

 <  前の記事 席次表の工夫  |  トップページ  |  次の記事 和装中心の挙式  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://whitefang.80code.com/mt/mt-tb.cgi/5207

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「結婚式をおもいっきり演出しよう!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。