Top >  結婚式のウンチク >  最後の両親への手紙

スポンサードリンク

最後の両親への手紙

例えば、新婦がこのように述べたとします。
「母はパッチワークなどが得意で、子供の頃から母が手作りのものを作ってくれてその手作りのぬくもりは心地よく、いつか自分が母親になった時には自分の子供にもそのぬくもりを伝えていきたいです。」あるいは、「母はいつもマフラーやセーターを編んでくれるのですが、なぜか恥ずかしくて、照れて今まで一度も身に付けたことがありませんでした。本当はマフラーやセーターをもらってとても嬉しかったです。
今までそれがうまく言えなくて、ごめんなさい。」など、具体的に書くと気持ちが伝わりやすく、ゲストにもその感動が伝わるでしょう。
両親への花束贈呈などの際に、花束と一緒に、自分が生まれた時の体重と同じ重さで作ったウェイトベアやウェイトラビット、ウェイトドッグなどのぬいぐるみを贈ると、懐かしさと新しい感動として、喜ばれると思います。
そして、司会者に予めその旨を伝えて、思い出話をしながら、お父さんとお母さんに呼びかけるようなナレーションをつけることで、より一層効果的な演出になり感動も深まります。
その感動は、きっと他の感動も呼び起こすでしょうし、会場のゲストも感化されて一緒に感動すると思います。
他には、花束を贈る際に両親の似顔絵が描かれているマグカップやタオルなどをプレゼントするといでしょう。
絵を描くのが得意であれば、自分で両親の絵を書いて贈ればさらに喜んでくれるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

 <  前の記事 両親へのスピーチ  |  トップページ  |  次の記事 結婚式でのビデオ演出  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://whitefang.80code.com/mt/mt-tb.cgi/5213

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「結婚式をおもいっきり演出しよう!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。