Top >  結婚式のウンチク >  エスコートしてもらう人を選ぶ

スポンサードリンク

エスコートしてもらう人を選ぶ

結婚式の披露宴でお色直しをする時、通常は親族や友人によるエスコートがあります。
一般的にも、媒酌人や家族以外の人でもお願いをすれば、エスコートをしてもらえます。
ほとんどの場合、媒酌人の人にエスコートをお願いしますが、誰もお願いできる人がいない場合には、家族や大切なお友達にお願いするのがいいと思います。
エスコートをしてもらうには、優しく手と手を取り合って、歩調を合わせてゆっくり歩く必要があり新郎新婦と息の合う大切な人にお願いするのが望ましいでしょう。
例えば、お色直しのエスコートを両親にお願いしたり、きょうだいにお願いすることができます。
家族がエスコートする場合には、退場の際に新郎新婦の幼少時代の思い出をスライドとナレーションで上映するとさらに効果的な演出ができます。
スライドショーは会場のゲストたちもきっと喜んでくれるでしょうし感動を与えると思います。

スポンサードリンク

 <  前の記事 ファーストバイトにイベントを  |  トップページ  |  次の記事 ゲスト全員に楽しんでもらうエスコートの演出  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://whitefang.80code.com/mt/mt-tb.cgi/5222

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「結婚式をおもいっきり演出しよう!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。