Top >  結婚式のウンチク >  人前式と古き良き時代の慣わし

スポンサードリンク

人前式と古き良き時代の慣わし

結婚式で人前式を行う新郎新婦はどのような演出をするのでしょうか。
人前式というのは、よく知られている神社で行う神前式やチャペルで行う教会式とは少し違う方式ですが挙式の一つです。
人前式の最大の特徴は、名前からも推測できると思いますが永遠の愛の誓いを神に立てるのではなく、参列者つまり結婚式のゲストに向かって誓いを立てます。
神前式や教会式は大体の段取りが決まっていて、新郎新婦はその決まりにある程度沿って挙式を進めていかなければいけないのですが、人前式はそのような決まりは全くなく自分の意思で新郎新婦は挙式のスタイルを決めることができます。
しかし、いくらアレンジが自由にできるからと言って時間をかけずに適当な挙式にすることはお勧めできません。
アレンジができるからこそ、綿密なプランを立てより一層思い出になるような挙式にしていきたいものです。
知恵を出し合い、新郎新婦が二人で理想のプランを少しずつ企画できるように世界でたった一つの挙式になるようプラスアルファーの演出をした挙式にしてみるといいと思います。

スポンサードリンク

 <  前の記事 新郎新婦だけでなく  |  トップページ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://whitefang.80code.com/mt/mt-tb.cgi/5252

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「結婚式をおもいっきり演出しよう!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。